カテゴリー「プレイステーション3」の3件の記事

2012年1月 3日 (火)

あなたはゾンビゲームが好物ですか? - DEAD ISLAND

世の中にゾンビゲームは星の数ほどありますが、バイオハザード1が怖くて序盤で断念してしまって以降、ゾンビゲームに手を出していないボクです。
超ヘタレですね。
それ以来ゾンビは苦手です。
目の前に現れたら、きっと走って逃げます。
最近のゾンビは全力で走るから、逃げ切れる自信はありませんが。

さて、ゾンビゲームって実は難易度調整しやすいゲームなんじゃないかと思っています。
もし敵が人間や知的宇宙人の場合は動きが遅かったりAIがバカだと、なんだかゲームとして遊べるように調整してあるなと穿ってしまう。
更にはリアル志向のゲームだと批判の対象となる可能性が高い。
かといって、全部の敵の動きが速くてこちらが隠れても回り込んで的確に追いかけてこられたりしたら激ムズゲームになってしまってボクは涙目になるに違いない。

その点、ゾンビなら動きがのろくても、こちらをすぐ見失ったり直線的にしか追いかけてこなくてもなんか納得できてしまう。
だってゾンビなんだもん、あいつらもう死んでるし腐ってるんだし。
そこに、動きの速い亜種とか賢いボスゾンビとかを配置していけば、色々とゲームバランスを調整したりアクセントを付けたりできる。
などと、少し前(日本では2011年10月20日)に発売された「DEAD ISLAND」のトレーラーを見ていて思った。
なかなか良いところに気付いたかもしれないが、どうでも良いことでもある。


⊿ 島の中でゲームは進む

最大4人でのCo-opモードも用意されているが、日本版は日本版同士でのみのマッチングになる。
日本版の販売はスパイクが担当し価格は8,190円。
表現が過激なゲームなので、日本版と海外版の違いが付けられている。
こういう海外ゲームの日本版では定番であるが部位欠損は削除されている。
けど、それは人に対してだけでゾンビのそれは残っているようだ。
うーん、ゾンビも元ヒトなのだからちょっと不思議ではあるけど・・・・・。
後は、ゾンビの内臓部の色味が変えられているとのこと。
過激なのでCERO Z指定。

開発はポーランドのTECHLANDで、ゲームの舞台はバノイ島という架空の島。
島ということにしてエリアを限定している箱庭タイプのようだ。
実在の島にしたらゾンビと戯れながら疑似観光できて楽しそうだけど、過激なゲーム内容を考えると難しいか。
血まみれになりながらゾンビと戯れたい人は少数派だろうから、集客効果は疑問だ。

分類としてはミッションタイプのFPS。
海外ゲームサイトが公開しているプレイムービーを見たが、海外仕様だからか かなり過激。
やっぱり全力で走ってくるゾンビがかなり嫌だな、しかも腕を振ってキレイなフォームで走ってくるし。
Σ(゚д゚lll) ヒャッ、ゼンリョク シッソウ !?

⊿ 時間軸を逆にしたトレーラーが面白い

トレーラーがなかなか印象的で面白い。
基本的に時間軸を逆にした構成になっていて、更にシーン組み替えを複雑に絡めかなり想像力を刺激する作りになっている。
一応、逆転バージョン―――要は正常な流れ―――も公開されているが、通常バージョン(逆回し)から視聴することをお薦めします。
通常のトレーラー(逆回し)だと内容が正確に掴みにくく好奇心が先に立つのだが、通常流れになると結構な内容なので注意が必要。
音楽がもの悲しくて悲劇感を高めている。

通常トレーラー
逆トレーラー(通常の流れ)

うーん、ゲームは面白そうだ。
でも、バイオハザード以降ゾンビが苦手だ。

DEAD ISLAND(PS3)DEAD ISLAND(Xbox360)DEAD ISLAND(Windows)

2007年6月11日 (月)

ゲームになったあひるちゃん

PSシリーズを主体に取り上げているブログやページで、頻繁に「ぽちゃぽちゃあひるちゃん」のことが書かれているのを見かける。


$ あひるちゃんとは

この「あひるちゃん」とは、PS3発売前に処理能力を示すデモなどに使用されたキャラクタだ。
そのあひるちゃんを主人公にしたゲームが登場したのだ。

今、あひるちゃんが密かにブームか?

PLAYSTATION@Networkからオンライン配信されるゲームで、価格も800円とライト。
このゲームがなぜこんなに取り上げられるかというと、・・・・・他に取り上げるゲームがPS3にないということなのだろう。

でも、全60ステージと『ちょっと手を出してみようか』という気になれる適度なサイズで良いと思う。
内容は、子アヒルを引き連れて無事に水槽から脱出するというパズルゲーム。

これから暑くなるこの時期、水に浮かんだあひるちゃんが涼しげで良さそう。

でも、鮫がなんだかマジで恐いんですけど・・・。

ぽちゃぽちゃあひるちゃん


$ オンライン配信が良さそう

もう一タイトル発表されているオンライン配信ゲームの「bacterius~バクテリウス~」も良さ気。

改めて見てみると、PLAYSTATION@Networkで配信されていたり、これから配信予定のオリジナルのゲームって、個人的に好きそうなものが揃っている。
高性能なPS3的にはもったいないタイトルのようにも見えるけど、きっとPS3でしかできないような物理演算とか細やかな演出がなされているのではないかと、好意的に評価してみる。
今はまだ数が少ないが、過去の名作とかを並べるのではなくこういうライト感覚な新作ゲームが沢山並んでいるというのも悪くないな。

2006年11月11日 (土)

いつかは買う

日付も変わったので、
今日はPS3の発売日だ。

特に予約もしていなければ、徹夜で並ぶつもりもないので、今日を含め近々に購入することはあり得ない。

一時期どうするか迷ってはいたが、ボクの中では既にPS3の購入フラグは立っている。
後は、いつ手に入れることができるかだが、「時々ゲーム屋に立ち寄って、もしあれば買う」という自然派で行こうと思う。

とは言え、起きたらとりあえずソフマップでも覗きに行ってみようかな。
せっかくの発売日だから、その雰囲気だけでも感じてみようかなと。

もちろんあれば即購入だけど、残っているはずがない。
そんな夢は見ていない。

万一、あったらどうしよう。
いや、あったら買うだけだけど、あるわけないじゃないか。

でも、ある可能性は0%じゃないよね。
たまたま、一台残ってたりして。
あまりの奇跡に驚きながらも、レジに持って行くボク…。

夢だ、夢だ、白昼夢だ。



出来るだけ早く、普通に手に入れられるようなって欲しいな。