カテゴリー「ドラゴンクエスト」の9件の記事

2006年12月26日 (火)

もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(2/2)

{"もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(1/2)"からの続き}

心配なのは、ボリューム面
厚み、深み、濃厚さ、プレイ時間…いろいろな要素が期待されるレベルに到達できるのだろうか。

NDSのメモリメディアの容量がハッキリしないが、PS2のDVD2層(8.5GB)に比べればかなり少ないはずだ(ドラクエ8の時にどれだけ容量使ったかも分からないが)。
これが新規のRPGだったり、外伝的な作品だったら、ボリュームの減少も抵抗が少ないだろうけど、ドラクエほどの超大型作品の正統ナンバリング作品ともなると、それなりのボリュームを期待されてしまう。
グラフィック面でスペックダウンするからグラフィックが必要とする容量が少なくなるので、そのことは有利に働くだろうけど。

「それなりのボリューム」というのがどれくらいかは難しいところだが、今時の常識ではやはりプレイ時間が100時間前後が目安ではないだろうか。
とても、息抜きとか気分転換とかという軽い言葉は相応しくない時間だけど…。

このプレイ時間が適切なのかは、これまた難しいところなのだが。

開発費高騰の悪因の一つとして挙げられることが多いムービーも、無かったら無かったで格好がつかないだろうし。



一年ほど既に開発を進めていたということで、その上で自信ありげに発表されているので、きっとドラクエの名にふさわしい内容に仕上がると判断したということなのだと理解している。

そうでなければ、きっとこっそり闇に葬ったに違いない。

ボリューム面は克服出来た、もしくは、ボリューム感に変わる面白さを提供できると確信したということなのだろう。
最高の技術を駆使しようとするFFとは違った方向の、ある意味これも高度な挑戦だと思う。
高いハードウェアスペックとは関係なく、良質なモノを提供できるという自負なのだと思う。

そんな作品なので期待してしまう。



[もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(1/2)]
[もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(2/2)]

関連(?)リンク
ドラゴンクエストIX(レベルファイブ内)

2006年12月25日 (月)

もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(1/2)

最近の大きなゲーム界のニュースと言えば、ドラゴンクエストIXかな。

やはり、プラットフォームがニンテンドーDSというのは少なからず驚いた。
Σ(゚д゚;) ナント、オツギハ ケータイキデスカ!

「一番売れているハードで出す」というポリシーに則れば、なんの矛盾もでもないのだが…。
(あちこちに、ドラクエはそういうものだと書かれているが、昔そういう発言を関係者がしたのだろうか?)

やはり、前作がPS2上で発売されていて、それがNDSになるということはハードウェア的にはスペックが下がるハードでの制作となる。
なかなか勇気のある決断だ。
みんなでディスカッションして決めたか、発言権のある人の鶴の一声で決まったか、意外と軽いノリで「えっ、次? そうだなぁ~、DSでいいジャン。携帯だからゲームもすぐ作れるでしょ?」とかだろうか。

当然、グラフィック面はパワーダウンすることになるだろう。
しかし、ドラクエの場合はグラフィックに関してはあまり問題にならないかな。
元々、ストーリー重視な日本的RPG作品であり、アニメチックなデザインだから、グラフィックがスペックダウンしてもそんなに違和感ないように思う。
もちろん次も同じような雰囲気が踏襲されるかは分からないのだが、そう大きく変わらないだろう。



ここ(2006/12/24まで)でムービーを見る限りは、全然問題無さげ。
8に比べると、やはり絵が荒かったり画面が狭く感じられたり、キャラが3等身になっているので少し幼い印象を受けはするけど、十分に思う。

開発が同じレベルファイブだからかⅧと雰囲気が似ている。
ここなら実績も十分だから制作クオリティ的な部分は問題無いだろう。

{"もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(2/2)"に続く}



[もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(1/2)]
[もしかしたらとは思っていたけど、ホントにDSにDQ9が来るとは(2/2)]

2005年5月 6日 (金)

ドラクエ8記 本当に終了

とりあえず、ドラゴンクエストⅧを終了しました。

ゴールデンウィーク中に終了出来て良かった。
最後はもう攻略サイトの力を借りての駆け足だったのが残念ですが、それをしなかったら多分150時間以上かかったでしょうね。
・・・我ながら情けない。

終了後振り返ってみると、ホントに世界観をしっかり守った統一感のあるゲームでした。
極々一部、これはちょっと違うかなと違和感を持ったグラフィックもありましたが、些細なことです。

快適なシステム、統一された世界と、余分なところにストレスを感じず遊べる丁寧な作りのゲームでした。
非常に上品な感じですね。

エンディングでレティスが「他の世界ではラーミアと呼ばれていた」と話す場面があります。
ラーミアって何かが最後に気になったので調べてみると、どうやらドラクエⅢに不死鳥として登場していたようです。
歴代のドラクエファンには嬉しい設定でしょうね。
(ボクは前作ⅦとこのⅧしかプレイしていないのでピンと来ませんが。)

余裕が出来れば、ドラクエの移植・リメイク版もプレイしたいと思います。

こんなに長くRPGばかりでしたので、次はアクション系を・・・
(PSPでアクション系のプレイ不足を補ってましたが)

2005年5月 2日 (月)

ドラクエ8記 エンディング・・・なのか?

ラプソーン君(でかいバージョン)を倒しました。
エンディングです。
「The End」と表示されました。

やったぁー! 終わったぁー!!

4ヶ月以上かけてやっと終了した。(T-T)感涙
プレイ期間が長すぎて、最後の方はちょっとダレてましたね。
これでやっと解放される終わりかと思うと、少し寂しいです。

なんだか、だらだらと1年間続くアニメのエンディングを迎えたような気分だ。
もう、おもしろいんだかなんだか分からなくなって、単に登場キャラに対する愛着や、それまでかけた時間を無駄にしたくないという理由にならないような想いで、義務的に最終回まで見切ったような状態だ。

ありがとうドラゴンクエストⅧ!
そして、さようなら。


[以下ネタバレ注意]






でも、

でも、

でも、

ボクは知っています。

まだ続きがあることを。


ラプソーン君(小柄バーション)を倒した後、七賢者のオーブを集めなければなりませんが、もう気力が続かず自力で探すことは精神的に無理でした。
そのため、とうとう攻略サイトの力を借りてしまいました。
練金についてはこれまでも攻略サイトを拝見していましたが、ストーリーを進めるためには使用してませんでした。
ああ、こんな不甲斐ないボクをお許し下さい。

おかげで、スムーズにオーブを集めることが出来たのですが、その時一緒に知ってしまいました。
エンディングを迎えた後、その時のセーブデータを使ってゲームを始めると、さらに話が真のエンディングへと進むことを!
今思えば多くのサイトで攻略メニューの最後に隠しダンジョンって項目があったのは、そういう意味だったのね。
逆に、そう書かれていたのでうっかり見てしまいました(─┬─__─┬─)。

・・・知らなければ良かった。
知らなければ幸せなことがあるって本当ですね。

ええ、続けますよ、知ってしまった限りは。

ドラクエ8記 あんたちょっと腹出過ぎ

今日初めて、生身のラプソーン君に会いました。
この日をどんなに待ちわびたことか・・・。

[ちょっぴりネタバレ。注意!]

初めて会ったラプソーン君は、想像してたよりも小柄でした。

ボクは思いました。

「おまえ、ゼッタイ第二形態とかあるだろう(・_・)☆」

まあ、今時のRPGラスボスはみんな、やられたらキレて第二形態になるのが普通ですね・・・。
第三形態がないことを祈るだけです。

2005年4月30日 (土)

ドラクエ8記 暗黒魔城都市

ドラゴンクエストⅧは順調に進んでいます。
プレイ時間は順調に100時間を超えています。

・・・こ、これって、順調ですか? (─┬─ o ─┬─)

お、おかしい。
他のドラクエ8プレイ記サイトを見てると、50時間ぐらいでみんなクリアしてるみたいだ。
な、何故?
[SELECT]で出てくるトロデには、「年末のノンビリ大賞は決定じゃな」と言われる始末。
このピッコロ星人もどきには、殺意を覚えました。

今、暗黒魔城都市にいるんですけど、何故かここを探検していると睡魔が襲ってくる。
気付くとコントローラ握ったまま寝ている。
いえ、暗黒魔城都市に来るまででも、何回もそんなことありました。
(これが、プレイ時間100時間につながってますね(;_;) )

でも、暗黒魔城都市に来てからはそれが強い。
もしかして、ラリホーマくらってますか?(ここまではラリホー?)

2005年4月11日 (月)

光の海図入手以降

久々に週末を家で過ごした。
ので、一生懸命ドラゴンクエストⅧを進めてみた。

出張の合間に出来るだけがんばってはいたが、プレイし始めてから3ヶ月を越えた。
他にプレイしたいゲームも沢山あるし、早く終わらせてしまいたい。
同時に複数プレイしたらいいのだが、長期間ドラクエ8ばかりやっていたので飽きが出てきている。
今他のゲームに手を出したら、恐らくドラクエを投げ出してしまいそうだ。

ここは一気に進め、出来ればこの週末でエンディングまで持ち込んでやる・・・って思って挑んだ。

【以下 ネタバレ注意】
光の海図を手に入れ、いよいよ神鳥レティスへと迫る。
レティシアでの情報によれば、止まり木の付近に出現するレティスの影を追っていく必要があるようだ。
影を追う!

が、追っている最中もモンスターとのエンカウントがあるのかぁ! (TT0TT)

戦闘終了後に回復しようとすると、その間も影が逃げていくぅ!!!

おまけに、キラーパンサーも呼べねえのかよぉ!!!!!


危うく影を見逃しそうになりながらもなんとかついていくと、渦巻き状のゲートのようなものが出現。
そこを通過すると・・・な、なんじゃここは?
色のない、白黒の世界!
景色も白黒なら、出現するモンスターも白黒。
主人公達だけが色付き。
地図を見ると、元の世界と同じように町もあるように表示されている。
でも、船がないのでレティシアのある島からは出ることが出来ないようだが。
よって、この白黒の世界で行ける町はレティシアのみ。

で、レティスに力を貸すことを請われて、そのイベントをクリアすることにより空を飛ぶ力を手に入れた。
さあ、これで今まで行けなかったあそこに・・・あそこ?・・・ん? どこだっけ?

前にプレイしてから一週間以上・・・空飛ぶ必要があると分かったときからは、多分2週間以上経過しているから、なんか忘れかけてる。

おまけに、この週末はここで時間切れ。
やっぱり、終わらすことは無理でした(o;_;)o

でも、少なくとも数日は出張無いから(もしかしたらしばらくないかも)、もう少し進められる。

もうそろそろ、終わりですよね?

2005年1月15日 (土)

あ、死んだ!?

もう少し前回の話から更に突き詰めて言えば、別に行動しなくても、何かを作ろうとすることの方が重要な気がする。
仕事に対する前向きなヤル気が無い状態でも、クビにならずに給料が貰えているのは、それまでの何かを作ろうとして実にはならなかったがいろいろ手を出していたことの財産があったからかもしれない。
何か作ろうとすることが、自分の核であるとそう思っている。

とりあえず、月並みだが日記系のHPかブログになるのかなと、そんな予感めいたものは感じていた。
まあ、実際にココにこうして書いているのだから、始めたんだけどね。
手軽と言っては失礼かもしれが今一番始め易そうな気がするのと、何か行動したことを作ることに転化しやすい気がする。


などということを既に数年も前から何度も考えているが、いまだもって変わらず。 ..... (T-T)
この先もきっと変わらないのかもしれないなぁ。
この金曜日の夜もドラゴンクエストⅧをプレイしながら、これまでと同じようなことを考えていた。
プレイしながらだから、ホントにぼうっと考えていた(こんな状態で考えていても意味無いね)。


考えていると、いきなり死んだ。 ..... !

いや、死んだと言っても、ゲーム中で主人公がモンスターにリンチされて、HPが0の状態になったわけではない。
テレビの画面が死んだのだ。..... ?
一瞬画面が暗くなったときには「ドラゴンクエストⅧの演出か?」とも思ったが、そうでも無さそうだ。
このドラクエ8をプレイして一番びっくりした瞬間だった。
表示が完全に消えたわけではなく、良く見れば何か映っているのが分かるぐらい暗くなり、少し上にズレた状態で高速に横に映像が走っている。

テレビが壊れたか?

チャンネルを変えると普通のテレビ番組は映るので、完全にテレビがイかれたのでは無さそうだ。
うっかり、そのまま放送していたドキュメント番組に見入りそうになったが、踏みとどまった。


テレビの故障だったらイヤだなぁと思いつつ、次回に続きます。

2005年1月14日 (金)

正月明けに考えた

ありきたりですが、今日からブログ始めます。

-----------------------------

それは正月休み最終日、こたつに入りドラゴンクエストⅧをプレイしながらこう思った。

"なんか最近だらけてるなぁ~"

と、だらけてゲームしながら思った。
「これぞまさしく有言実行か?」とも思ったが、単に今の状態を口に出しただけだ。

仕事が忙しいことを口実に、休日でもほとんど何もしない日が多くなっている。
これではダメだ。
ダメなんだけどあまり動く気がしないなぁ。
まあいいか、深くは今度考えよう。

なんてことを考えながら、休日最終日は過ぎていった。


そして、正月明け最初の金曜日の夜。
やっぱり、こたつでドラゴンクエストⅧをプレイしていた。
年末頃から始めたが、いつになったら終わるんだ?
ホントに久しぶりのRPGだけど、プレイ時間が30時間足らずでは、まだ終わらないよね、多分。
かれこれ、今日は5時間ぐらいプレイしているだろうか。

やっぱりだらけてる。
なんで、何もやる気が起きないのだろう。
ドラクエ8はやってるんだけど、一人で遊んでいるゲームほど受け身なものはないから、あまり何かをやってるって感じじゃない。

何もする気が起きないのは、動いた結果が何かにつながらないからかなぁ。
遊びに行っても、買い物しても、それが何か新しいことにつながる気がしない。
いや、単に行動した結果が何か新しい遊びや新しいイベント、新しい交遊関係につながってもあまり嬉しくないので、そういう展開は希望外。
だから、ますます動かなくなる。

まずい、このままでは非常にまずい。
どうマズイのかはよく分からないが、生物としてこれは間違っている気がする。
人間としてどうとかと言う以前に、生き物として道を踏み外している。
動いて、何かして、そういうことで初めて動物と言えるのではないか。
閉じこもって、寝たままだったら、日陰に落ちている石と同じだ。

別に大それたことを行わなくてもいい、ごく普通のことで良いと思う。
散歩だっていいのだ。
とにかく何かをしなくてはいけない、そんな危機感はぬるま湯につかったときに徐々に体の芯へ伝わってくる温かみのように、なんとなくぼんやりと肌の周辺に感じる。
このままでは行動することの全て、そのうち仕事に対するヤル気すら完全に失せてしまうかもしれない。
今でもそっち方面のヤル気はかなり無くなっている。
もし、この先一生の最低限の生活でも送っていけるのであれば、今すぐ仕事を辞めて隠居生活してもいいぐらいだ。

やっぱり、かなりヤバイ状態だ。

とにかく動かなくては。
動いて、動くことが当然と体に思いこませなれば。
止まっていては、イライラするぐらいになりたい。


じゃあ、どうしたらコタツから出て活発に動くことの動機付けを、自分自身に対して行えるのだろうか?
何か褒美のようなものが、嬉しいと感じる何かが必要だ。
自分が何に一番喜びを感じるのか、冷静に分析するまでもなくそれは分かっている。
今までで一番、心を揺り動かされた時を思い出せば良いのだ。

それは、何かを作り上げたときだ。
正確には、その作り上げたものを何らかの形で認められたときに最大限の喜びを感じるのを知っているが、まあ、それには先ず時間をかけて腕を磨き、時間をかけて何か作り上げたときに、初めてその可能性が与えられるということも知っているつもりだ。


なんだか、書こうと思っていたのと違う暗ーい方向に向かっていますが、このまま次回に続きます。