« 2016年3月 | トップページ

2017年12月の1件の記事

2017年12月25日 (月)

彼女を守るため僕は犬になった / 相羽奈美の犬 1巻、2巻(完)

 主人公は、ニートでストーカー。こう書くと、字面だけは横文字職業みたいですね。
 ストーカーの対象は、相羽奈美という女子高生。でも、危害を加えることもなく、そっと見守るだけのつもりだ。ストーカーはみんな最初そう思っているだろうけど。
 ある日、奈美の危機を救おうとして、車に撥ねられる。死を覚悟したとき、主人公は奈美の犬になることを望む。なんでだよ!幸運にも(?)その願いは叶えられ、主人公は奈美の飼い犬となるのでした。

 この作品を、Kindleのホラー漫画フェアで購入しました。でも、ギャグ漫画でした。
 一応、主人公犬が人を噛むと噛まれた人は犬になってしまうとか、主人公を犬に変えた禍々しい感じの犬の怨霊が出てくるとか(完全にツッコミ役ですが)、多少はホラー要素があるけどギャグ漫画です。
 主人公が元ニートであったことと今は犬であることを自虐ネタにすることがメインのギャグです。

 でも、何だか上手くまとめられていて、面白いんですよ。
 基本的には一話完結型の構成で、一話一話にオチがついて、ちょっといい話っぽくまとめられています。
 人としてダメな奴は犬になってしまえ的な流れで、出て来る悪い奴には救いがないんですが、でも・・・という感じで良い読後感が残されるという。
 その上で、全二巻全体としても一つの話としてキレイにまとめられています。全体として伏線を張りつつ最後はきちんと回収しています。
 本当に「上手い」という表現がぴったりな感じの作品です。

 なんだろう、安かったので暇つぶしのつもりで購入したら良作だったという、得しているはずなのに何だか悔しい感じがします。
 主人公がニートでストーカーで犬野郎なのに、ちょっと感動させられた自分が悔しいんでしょうね。

 予想外の面白さで気になり、作者 松田洋子さんの作品にどんなものがあるか確認してみたのですが、「ママゴト」を描いた方でした。私は読んでいませんでしたが、「ママゴト」は発表当時話題になっているのを見かけたことがあり、題名は記憶にあります。ちなみに「ママゴト」は2013年の日本漫画家協会賞で優秀賞を受賞されています。
 他の作品も長い作品はなく、せいぜいコミックで3巻が最長ぐらいです。多くの作品は評判も良く、やっぱり力のある作家さんでした。

 松田洋子さんの他の作品を確認していたら、KADOKAWA系のマンガが安くなっていたので、「ママゴト」と他一作を購入してしまいました。
 今から読むのが楽しみです。

« 2016年3月 | トップページ