« Kindleアプリで明るさを調整する方法と設定できないときの原因について | トップページ | 【書評・ネタバレ】ハンガー・ゲーム »

2016年3月 8日 (火)

Winmail.datが届いたときの対処法

●不明なファイルが添付されていた

 客先からWinmail.datというファイルが添付されたメールが届きました。本文の内容からすると、添付ファイルがあるはずなのですが、決してWinmail.datなどというファイル名ではないはずです。
 このWinmail.datをエディタで強引に開いてみると、どうやら本文の内容も含まれているように見えます。
 ネットで検索すると、送信者がOutlookを使用していて、メール形式をリッチ テキスト形式に設定しているときにWinmail.datというファイルが添付された状態になると書かれています。リッチテキスト形式時の情報をカプセル化したものが、本来の添付ファイルも含んでWinmail.datというファイルとして見えるようです。受信者もOutlookであれば発生しないようですが、会社では会社が決めた別のメールアプリを使用しています。

 恐らくリッチテキストとして修飾された情報は抜け落ちていると思いますが、メール本文は読めています。問題は添付ファイルが取り出せないことです。

  ネット上に解決策がいくつか紹介されています。


●Gmailへの転送

 その一つが、Winmail.datが添付されたメールをそのままGmailに転送するというもので、Gmail上からであれば普通に内容確認ができるようです。
 特に何かインストールする必要もありませんし、この方法が一番手間が少なそうに思えます。海外出張時に希に会社サーバーへ接続できないときの緊急用で使用しているGmailアカウントを持っていたので、早速転送してみることにしました。

 転送してから気付きました。私の環境でこの方法は使えないと。
 会社のメールシステムには、添付ファイルを自動でパスワード付きZipファイルに圧縮した状態に変換してからメールを送信し、パスワードは時間差で別メールを宛先に自動送信するという、全く何の意味があるか理解できないシステムが導入されています。このシステムは、パスワードが送られるまでの数分間、宛先を間違えたことに気付いてパスワード送信を止める猶予があるという素晴らしい働きがあって、誤送信の被害を減らすことが出来そうに見えるのですが、よっぽどのことがないと誤送信したことすら気付かず知らぬ間に誤送信先にもパスワードが届くことになります。「パスワード送信メールを開く」、「パスワードを記憶orコピーする」、「添付ファイル解凍する」という三手順ほどが受信者側の手間として増えるだけとしか思えず、こちらが送るとき大変申し訳なく思っています。
 社内で送り合うメールにも同じシステムが働くようにして、どれだけ受け手の負担が大きいか実感してみろと自社のシステム部門に文句を言ってやりたいところだが、これは今回の話からは脱線しているので、この話題はこの辺で止めておきます。

 つまりは、うちの会社からGmailに転送してもWinmail.datを圧縮したZipファイルが届くので、それを解凍してもWinmail.datがそのまま出てくるだけで、Winmail.datを見ながら途方に暮れるという状態は変わらないのです。単に、やはりうちの会社のメールシステムが、受信側に取って負担だということが再認識できただけでした。
 ということで、(私の環境では)大失敗。


●リッチテキスト形式の使用をやめてもらう

 で、二つ目の方法として挙げられていたのが、送信者にOutlookの設定をテキスト形式に変更してもらうようお願いするというものです。
 今後のこともあるし、他の被害者を減らすこともできるし、これが正解なのかもしれませんが、相手は一応お客様だし、そこそこ年配の方だし、もしかしたらリッチ テキストに並々ならぬこだわりを持っておられるのかもしれないし、万一家族を人質にとられて誰かにリッチ テキストの使用を強要されていて、テキスト形式に切り換えたら家族に危害が及ぶような事態に陥っておられたら申し訳ないし、とりあえず送信者にお願いするのは最後の手段としてとっておくことにしました。


●ツールを使用する

 三つ目の方法は、Winmail.datの内容を表示したり、添付ファイルを抽出してくれるアプリケーションを使用するというものです。
 そういったアプリケーションはいくつか公開されていますが、今回はWinmail Openerを使用させていただきました。
 ダウンロードしてインストール(http://www.eolsoft.com/download/)。
 問題のWinmail.datは予めメールからどこかに保存しておき、起動したWinmail Openerで開きます。
メール内容の表示は2ペインに分かれていて、左側の大きなエリアでメール本文、右側の縦に細長いエリアで添付ファイルが表示されます。
 これで、無事添付ファイルにアクセスすることができました。


 既にセットアップ済みなので、今後同じようなことがあればWinmail Openerを使用させてもらうと思いますが、うちの会社と同じようなメールシステムでなく、更にGmailなどのサービスへのアクセスが可能な環境であれば、Gmailに転送するという方法が良いのではないかと思います(使い勝手が試せていないので、少し無責任ですが)。



Letter Opener - Winmail.dat Viewer

« Kindleアプリで明るさを調整する方法と設定できないときの原因について | トップページ | 【書評・ネタバレ】ハンガー・ゲーム »

Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75955/63317823

この記事へのトラックバック一覧です: Winmail.datが届いたときの対処法:

« Kindleアプリで明るさを調整する方法と設定できないときの原因について | トップページ | 【書評・ネタバレ】ハンガー・ゲーム »