« マウスよ線から解き放たれろ! LOGICOOL社ワイヤレスマウス M185の使用感。 | トップページ | 7回タップでホントに表示された!!Android4.2の開発者向けオプション »

2013年2月17日 (日)

スマホ(タブレット)やPCでもゲームをプレイすることにしました

 これまで、若干の例外はあるけれど、ゲームはゲーム専用機でプレイしてきた。ゲーム機でゲームすることが最適であり、最良だと思っていた。


¦ 年末年始の誤算

 でも、2012年-2013年の年末年始でそれが揺らいでしまった。
 ゲーム機以外のプラットフォームでゲームをプレイしたことが、そう思うきっかけだった。

 一つはスマホゲーム
 前から気になっていたが、何だかアイコンのデザインがイヤで手を出していなかったパズル&ドラゴンズを、年末に愛機Nexus 7へインストールしてしまった。

 なにこれ面白い!!

 すっかりはまり、年末年始の多くの時間を使ってしまった。
 面白いゲームに出会えたという意味では成功だが、社会人としては何か大きなモノを失ったような気がする。


パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑 (ファミ通の攻略本)


 ゲーム内容については、ここでは深くは触れないが、とにかくそれぞれの要素が凝っている。
 敵・味方として出てくるモンスターのデザインは凝っているし、エフェクトも奇麗、BGM・SEもしっかりしていて、ゲーム全体がリッチな感じになっている。モンスターやダンジョンの数も多いし、それに育成要素も加わりボリューム感も十分。

 暇つぶしではなく、ゲームをプレイしたいときにプレイできるレベルのゲームだ。
 そう、生粋のゲーマーにとってゲームは仕事だから、暇つぶしレベルのゲームでは不十分なのだ。ゲームを舐めるなよとそう言いたいのだ。ヒクナ コラ ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ


¦ 価格に釣られてしまった

 ゲーム専用機にとってスマホゲームが脅威であるというのが、これまで今一つ理解できていなかったけど、バズドラをプレイして納得できた。このレベルのゲームが普通に出てくるのなら、ゲーム専用機の必要性がかなり下がることを実感してしまった。


 次はPCゲーム
 AmazonDEAD SPACEのダウンロード版が195円とかなっていて、反射的にDEAD SPACE 2のダウンロード版(この時370円)と合わせて購入してしまった。プレイしてみたら普通に遊べるし、PS3/Xbox360版はプレイしていないから確かではないのだけど、それらゲーム機よりもおそらくグラフィックスが格段に奇麗。これで、195円?というものすごいお得感がDEAD SPACEの内容並みに怖い(DEAD SPACEはホラー系のゲームです)。もろに貧乏人のハートを鷲掴みだ。気が付いたら購入ボタンを押していた。

Dead Space (英語版) [ダウンロード]Dead Space 2 (英語版) [ダウンロード]Dead Space 3 (英語版) [オンラインコード] [ダウンロード]


 PCゲームの魅力は、ちょっとしたグラフィックボードを追加したPCがあれば、基本的にゲーム機よりも高いグラフィックスのレベルでゲームが楽しめることと、AmazonだけでなくSteamとかOriginとかで定期的に行われる低価格キャンペーンを利用できれば、かなり安くゲームを入手できることだろう。


 ということで、スマホ(タブレット)とPCにゲームプラットフォームとしての魅力を感じた。


¦ 周りを見回すと、いつのまにか

 ただ、ゲーム専用機ではそれ用に提供されているゲームであれば、先ず間違いなく遊ぶことが出来る(ごくまれにゲーム機のバージョンでうまく動作しないということはあるが)のだが、スマホ(タブレット)とPCではそうはいかない。スマホ(タブレット)とPCにはいろいろな環境があり、自分の持つ機種で遊びたいゲームが動作するか分からない。また、ゲームにもよるが、それなりに性能の高い機器が必要だ。
 Nexus 7で前々から気になっていたダンガンロンパ【Android】をプレイしようとしたが、うまく動かずプレイできていない(Androidで提供されるのを楽しみにしていたので、結構ショックだった)。
 今使っているPCのグラフィック能力はそこそこ高いが、これまで歴代のPCはホントに普通のPCだったから、まともにゲームができなかった。
 まあ、動く動かないもゲームの一部だと広い心を持った人になればいいのだけど、ボクがその境地に至るにはあと千年は必要だろう。


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best


 そういった不安や実際に発生した問題が、スマホ(タブレット)とPCをゲームプラットフォームにすることをためらわせた。でも、実際にゲームを動かしてみて、それぞれゲーム専用機にはないメリットがあることも理解できた。
 両プラットフォームに共通する内容ではないが、「価格が安い・安い価格で入手できるチャンスがある」、「ゲームの数が多い」、「固定性能のゲーム機よりも高品質で遊べる」、「気軽にゲームを立ち上げられる」という辺りが、ゲーム専用機と比べたアドバンテージだろうか。

 たまたまきっかけがあって、更に手に取ったゲームがいずれもレベルが高かったことで気づくことが出来たが、そうでなかったら今でもゲームはゲーム専用機と思い続けていたに違いない。それは雑色系ゲーマーとしては恥ずかしいことだ。爪立ててとなりの環境ものぞき、視野を広げておかないといけないなと反省だ。でも、これ以上プラットフォーム増やしても、プレイする時間が圧倒的に不足するのが悩ましい。

Photo

 今後ゲームプラットフォームはどうなっていくのだろうか。

 PCはこれまでもずっと存在し続けていたが、それでも日本では今一つゲームプラットフォームとしての地位を上げることが出来ていなかったから、何かきっかけがない限り今以上にPCゲームが普及することは難しいだろう。

 一方スマホ(タブレット)は、ますますゲームプラットフォームとしての基盤が強固になっていくのは間違いないと思う。
 入力インターフェースの違いで、ゲーム専用機とは中心となるジャンルが少し異なりそうには思うけれど。


¦ スマホ(タブレット)とPCをゲーム環境に含めようと思います

 もし、食わず嫌いであったら、特にスマホゲームは一度試してもらいたいなと思います。




Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~

« マウスよ線から解き放たれろ! LOGICOOL社ワイヤレスマウス M185の使用感。 | トップページ | 7回タップでホントに表示された!!Android4.2の開発者向けオプション »

ゲーム 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75955/56783933

この記事へのトラックバック一覧です: スマホ(タブレット)やPCでもゲームをプレイすることにしました:

« マウスよ線から解き放たれろ! LOGICOOL社ワイヤレスマウス M185の使用感。 | トップページ | 7回タップでホントに表示された!!Android4.2の開発者向けオプション »