« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の5件の記事

2013年1月28日 (月)

妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (2/2)

[妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (1/2)]からの続き



【ネタバレあり! 閲覧注意!!】


 カレンは超一級のナイトメアパイロットだが、主人公はどうかというと、純粋な戦闘に於いては大したことがない。しかし、頭の良さを活かして多くの火力や防御装置を操るような複雑な操作には長けているようだ。最近のスマホゲームのように、迫り来る敵をタップで撃退するような戦闘シーンには少し笑えてしまう。


 で、一期ではあまり伏線が回収されないのだが、R2(二期)入ると順にいろいろと明かされていく。特にR2 15話「Cの世界」では、根本的ないくつかの謎が一気に明かされる(謎と言うよりは設定だろうか)。

 一つは、コード(CC等が持つ不死身であったりギアスを人に与える力)について。


¦ コード所持者の苦悩

 コードは、別の人に引き継げる。ただし、引き継げる相手は、一定以上のギアスの力を持った者でなければならない。CCも前コード所持者からギアスを与えられ、その後コードを引き継いだ。
 コードを引き継ぐと、ギアスの力は消える。
 ちなみに、CCが持っていたギアスは、人から愛されること。なにそれ、欲しいよ(切実)。


 もう一つ明かされたのは、ギアスを与えた人物との契約であるCCの願いを叶えることの、願いが何であるか。
 それは、CCを殺すこと。つまりは、コードを引き継ぐこと。
 コード所持者にとって、不死であることは苦痛へと変わる。CCにコードを渡した人物も、不死であることに苦しんでいた。CCにはコード引き継ぎや不死による苦悩を伝えず、だまし討ち的にコードを引き継がせたようである。
 コードをルルーシュに渡し、不死から解放されることがCCの願い。


¦ 派生作品の出来はどうだ

 と、幾らかは明かされるのだが、それでも全ては語られず、最後まで残された謎もある。
 そもそも、コードはどのように生まれたのかということ。そして、それを持つのものが何故二名なのか。いや、二人だけじゃないのかな。例えば、昔はみんなコードを持っていたとか! それだとみんな不死になってしまって、人が増える一方で、何か別の形で世界が崩壊しそうだ。
 そう言えば、コード所持者には生殖能力あるのか? 食事摂らなくても不死で動けるのか? なんだか、が増えたぞ。o(゚Д゚ = ゚Д゚)o オロ オロ

 他にも、時々CCが話している見えない相手は誰だったのだろうか?
 そして、意味があるのか分からないがCCの本当のは? また、何故作中隠されたのか?


 謎も残るし、コード、ギアスという題材で色々と話しは作れそうだけど、本作の魅力はそれだけでなくルルーシュという人物や世界設定の良さも大きいから、単に派生作品作っても同じレベルになるわけではないだろう。逆に、本作の出来の良さが派生作品の足を引っ張るかもしれず、高すぎる期待が作品の出来以上に評価を落としてしまう一因になるかもしれない。

 それでも、世界設定を同じくする作品コードギアス 亡国のアキトが進行中だ。
 この作品は全4章で構成され、1章が2012年8月に劇場公開されている(2章は2013年予定)。
 公開前からの情報ではE.U.を舞台にした話で、時間軸は「… 反逆のルルーシュ」の一期と二期のとなる。
 ボクはこの作品をまだ見ていないけれど、コードギアスが作品内に現れることは示唆されていない。
 機会があれば視聴してみたいとは思う。


 謎は残されたけれど、それでも短期間で一気に視聴してとても満足感があった。また時間が経って、詳細を忘れた頃に見直したくなりそうな作品だ。


妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (1/2)
妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (2/2)



コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [Blu-ray]

2013年1月27日 (日)

妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (1/2)

 テレビ放送の時にほぼ全て見たのだが、「コードギアス 反逆のルルーシュ」を最近バンダイチャンネルで見返した。やはり面白いな、見始めると、やめられない。
 仕事が忙しいというのに、なにやってんだとも思ったが止まらない。完全ダメオタク

 日本がブリタニア帝国という大国に征服され支配下に置かれている、そういう仮想歴史上で展開する作品。その統治され抑制された日本で、ひとりの少年が帝国に立ち向かっていくという内容なのだが、単純なレジスタンス物語では無い。


¦ 主人公は悪役キャラ

 いろいろと本作の解説をしている文を読んで初めて知ったのだが、ダブル主人公の構造を取っているらしい(え? ホント!?(゚∀゚)ノ )。作品見ている時全然そんな風には感じていなかった。
 その主人公とは、ルルーシュスザク
 しかし、個人的には主人公はルルーシュだけだ。ボクの中では、スザクは最も重要な登場人物という位置づけでしかない。制作者の意図を曇らせてしまうほど、ルルーシュの存在感が大きい。

 キャラクターデザインの原案はCLAMP。他の作品によってできあがっているイメージのせいかもしれないが、本作のような全体的にはクールなんだけど人間臭さがにじみ出ている作品にはCLAMPの絵柄がよく合っていると思う。

 ちなみに、何故か2013年になってから抱き枕が販売されたのだが、これがとてもエロイ


 設定、ストーリー、戦闘シーンなど、いろいろな要素が高いレベルで作り上げれている作品だが、中でも主人公の魅力が高い。作品の世界に入り込んでいるとそれほど感じないのだが、主人公のやっていることは基本悪役の行動。それを完全な悪役と感じさせないのは、行動にいろいろと理由付けがなされているからだろう。
 その上で、主人公の決意葛藤残虐性優しさが描かれている。
 主人公の行動は、俯瞰すると矛盾がたくさんあるのだが、それがとても人間くさい。例えば、身近な知り合いにが傷つくことは何とか避けようとするのだが、他人や敵・味方など繋がりの薄い相手には非情になる。とても利己的であり身勝手なのだが、きれい事を言ったとしても人というのはそういった面をいくらか持ち合わせていると思う。
 戦闘シーンも面白いのだが、やはり難しいテーマを上手く、そして激しくまとめて進んでいくストーリーが面白い。


【以降、ネタバレあり! 閲覧注意!!】


 主人公のルルーシュは、ギアスという不思議で絶対的な力を与えられたことで、その先には破滅しかないと分かる道へと進み出す。
 そして、ルルーシュが起こしたに巻き込まれていく日本とブリタニア帝国。ギアスの力が無くてもいずれ行動を起こそうと考えていたルルーシュではあるし、元々不条理な統治に苦しんでいる日本に反乱分子が育っていたのだが、ギアスの力を得ることでそれは急速に、そして大規模な風が吹き荒れる。


¦ カレンちゃん格好いい!

 放送は一期二期に分かれていて、一期のレギュラー放送は2006年10月から翌年3月までに23話が放送され、24話と25話が少し間を空け7月、8月に放送された(24話・25話は一挙に放送されたが、場所によって放送日が異なる)。その後一年ぐらい空いて二期「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」が2008年4月から9月に放送された。

 しかし、一期が横長画面じゃなかったのは意外。それぐらい古い作品だったのだな。ああ、はとりたくないものだ。そう言えば、寒い日が堪えて腰が痛くなってきたような気がする。


 主人公以外では、紅月カレンが格好良くて印象に残る。日本人とブリタニア人のハーフだが日本人として生き、主人公のいる日本側ナイトメア乗りの女性だ(ナイトメア[ナイトメアフレーム] : 本作に登場するロボット兵器の通称)。パイロットとしての技量は一級で、ブリタニア帝国の複数のナイトオブラウンズ相手に一歩も引かないどころか圧倒までしてしまう(ナイトオブラウンズ : 帝国最強のナイトメア操縦者12名の呼称)。カレンが登場したり新しい機体が与えられたりする度に戦況が一変し、そのシーンにゾクゾクするのだ。



[妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (2/2)]に続く



妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (1/2)
妹のためにここまでやるとは、シスコンというのは恐ろしい。 - コードギアス 反逆のルルーシュ (2/2)



コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]

2013年1月15日 (火)

ストーブと電気の関係 北海道の雪が起こした停電で

 北海道は関西なんかとは比べものにならないぐらい寒いと思います。雪も凄いことになっていると思います。
 一度、ものすごく積もった、誰も踏み入れていない雪の中にダイブしてみたいと思います。きっと埋もれて大変なことになりそうなのでやめた方がいいとは思いますが。
 でも、一回は雪まつりに行ってみたいなとは思っています。

 さて、去年の11月~12月に、北海道では雪などが原因で大規模な停電が何度か発生し、かなり大変だったと聞きます。
 その中に、暖房が止まったとの報道もありました。

 しかし、それを聞いて最初に思ったのは、停電で暖房が使えなくなるのは何故? 暖房は灯油じゃないの? ということ。
 確かにファンヒーターなんかだと、関西であったとしても電気がなければ使用できませんが、そういうことではないような気がする。

 いろいろ確認してたら、北海道では家に灯油を貯めるタンクがあって、そこから灯油を送り出すのに電気がいるようだ。
 さすがに雪国ともなると、それ自身に灯油入れるタンクがあるようなストーブじゃないようですね。
 しかし、灯油タンクから灯油を供給するって、あの手動でキュパキュパする灯油ポンプのデカイものみたいなもんでしょうか。きっと違いますね。
 外部から燃料を供給しなければならないなんて、すごく灯油を消費しそうですね。

 まだまだ寒い季節は続き、雪もまだまだ降り積もることになると思いますが、今年はもう大きな事故などが無いよう願いたいものです。



自動停止型灯油オートポンプ TP-M20

2013年1月12日 (土)

ワイヤレスキーボード(K270)の自由さが素敵

 これまで、無線のキーボードは使ったことがなかった。
 だって、ケーブルが無いなんて不自然じゃないですか。つながってないのにPCの画面に文字が出るなんて、何か不気味じゃないですか。何その神の所行みたいなアイテムは。
 ・・・・・ってふざけてたら、「黙れ原始人!」と言われたので、現代人になるため初めてワイヤレスキーボードを購入した。
 機種はロジクール(Logicool)社のK270


LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

 これまでたくさんキーボードを使ってきたけど、貧乏だからどおしても低価格なキーボードを選ぶことが多かった。そうすると、やっぱりコード付きになってしまう。
 しかし、最近はマウスもキーボードも、ワイヤレスでも安くて大変お求めやすくなっている。本製品も、千四百円弱で購入(Amazonでは頻繁に価格が変わっている)。
 まあ、有線は更に下の価格帯へ移行しているんだけど。


¦ キータッチは浅めでしっかり

 キーボードからの信号の受信機をPCのUSB端子に付けるんだけど、これがとっても小さくてホントに回路が入っているのかと疑うほど。
 取り外してどこかにおいておいたら絶対無くしそうだ。そんなところはメーカーもよく分かっているから、キーボードの裏に受信機を収納するスペースが作ってある。「使わない時はここにしまっとけよ、なくしても代わりはやらんぞ」というメーカーの声が聞こえるようだ。

 電源は単4形電池2本で、最大24ヶ月交換無しで使えるとなっている。
 一応、電池は同梱されていたんだけど、それは使い始めて1週間ぐらいで電池切れした。まあ、同梱されている電池はアテにならないと、どこのメーカーも(但し書きとかで)注意しているから文句は言いにくいんだけど、それにしても「最大で2年持つ電池が1週間!?」と思ってしまうのも無理はないですよね?
 ちなみに、よくキーボード上に重いものが乗っていてキーが押されっぱなしになっていることがあるんですが、これは関係ないですよね(少なくともこの一週間にそれはなかったと思う)。
 ちなみに、交換後1ヶ月ぐらい使用しているけど───もちろんキーボードの上におもしを置かないようにして───今のところ問題なく使えている。
 一年ぐらいは保って欲しいな。

 キーはしっかりしていてグラグラ感もなく使いやすい。キーストロークは深いとも浅いとも感じないが、浅めが好みのボクが何とも感じないということは、きっと平均よりも浅いのだと思う。


¦ 何にもとらわれていないところを見習いたい

 使い始めてすぐに、SHIFTキーが少し低くなっているのに気付いた。よく見ると、SHIFTキーが低いというよりは、全体的にまん中が盛り上がり、両端が下がるようにキーの高さが設計されているようだ。ただ高さの違いは微妙なので、目の錯覚や思い違いの可能性もある。
 どうしたら確認できるだろうと頭を捻って、「そうだ! 丸いモノを置いて転がれば傾斜していることがわかるじゃないか!!」と、なかなか賢いことを思いついたと小さいゴムボールを置いてみたら、キーの間のデコボコに引っかかって転がりませんでした。(・∀・) アチャ- もういいです、真ん中が盛り上がって両端が下がっていると思い込んでください。

 更にはSHIFTキーは傾いていて、左SHIFTキーなら左側が、右SHIFTキーなら右側が下がりぎみになっている。何故か、再下段のキーはそれほど高低差が付いていないようなので、余計にSHIFTキーが下がっているように感じるようだ。当然、これぐらいの違和感は使っているとすぐに無くなる

 使っている最中は無線でも有線でも変わりはないですけど、上からモノが落ちてきた時サッとよけるときには無線がやっぱり手軽と感じますね。有線だったら、避けようと動かした瞬間にコードが何かに引かかって、机の上が大惨事になること間違いなし。

2013年1月 2日 (水)

意外と思うか当然と思うか、住んでいる土地で変わる「おにぎりせんべい」の知名度

 関西なら定番のお菓子である「おにぎりせんべい」。
 煎餅と言えば丸か四角だけど、敢えて三角形おにぎりだけに。


マスヤ 113gおにぎりせんべい 113g×12袋

 でも、「おにぎりせんべい」は全国区では無いらしいのだ!


¦ おにぎりせんべいは一種類じゃない!?

 それを知った時には、ちょっと驚いた。
 売ってないわけではないようだけど、関東方面での知名度はいちじるしく低いらしい。と書いても、関東の人からしたらそれが当然なんでしょうね。

 その存在を当たり前のように感じていたのに、ちょっとショック。
 このことは下記のサイトで知った。

 ■【速報】あの「おにぎりせんべい」は関東の人は知らない!? | TRAVELING

 おかげで大変勉強になったが、おにぎりせんべいがビールに合うというのは同意できない

 しかも、これまた全然知らなかったが、色んなおにぎりせんべいがあった。
 おにぎりせんべいと言えば甘醤油味だけど、他にソース味とか塩味とかカレー味とか。まあ、ここまでは予想の範囲ではあるけど、更にはカルボナーラ味とかエビチリ味。その上、割れ煎餅みたいな「おにせんクラッシュ」に、ピーナッツを混ぜての「おにぎりの種」まで。いつのまにか、おにぎりせんべいも進化していた。(゚∀゚) シラナイ ウチ ニ !! おにぎりせんべいの定義が分からなくなってきたけど、全部試してみたい。

マスヤ 100gおにぎりせんべいソース味 100g×12袋マスヤ 100gおにぎりせんべい銀しゃり 100g×12袋
マスヤ 45g おにせんクラッシュ 45g×10袋マスヤ 45gおにぎりの種ピリ辛味 45g×10袋

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »